ハーブ | デトックスフットバス特集

ハーブ

ペパーミント

ペパーミントは、ギリシア神話ではペルセポネの怒りを買った妖精メンタが地面に踏みつけられ一本のハーブとなって蘇ったと伝えられています。独特のメントール臭がします。葉を摘み取って、乾燥させたものを使用します。ガムなどのお菓子に使われたり、ハーブティーにも用いられています。ペパーミントに含まれるメントールには、デトックス作用があります。また、胃の筋肉をリラックスさせ、消化器系の調子を改善する効果もあります。

ジュニパーベリー

ジュニパーベリーの優れた利尿作用が、体内毒素をすっきり排出してくれます。また、肝臓を強化する働きもあります。ジュニパーベリーのエッセンシャルオイルは、深く静かな森の木々を思わせるウッディーで爽やかな香りが特徴です。香りを嗅いで深呼吸すると、心が鎮まり深い集中力を得られるため、勉強部屋や仕事場の香りとして、最適です。また、洗面器のお湯にジュニパーベリーを2、3滴落として、指や手のひらを少しマッサージしながら手浴するのもお勧めです。

フェンネル

フェンネルは独特な甘い香りと味で『魚のハーブ』ともいわれます。なぜ魚かというと、ハーブの葉を魚の腹に詰めて蒸し焼きやオーブン焼きにすると、魚の生臭さと脂っこさを消し、すっきりした風味になるからです。魚のほかにも、スープや煮込み料理、サラダにも使ってもいいと思います。フェンネルは、地中海沿岸が原産とされ、古代エジプトや古代ローマでも栽培されていた記録があるなど、歴史上もっとも古い作物の一つとされています。日本には平安時代に中国から渡来し、長野県、岩手県、富山県などで多く栽培されています。フェンネルには、毒素が体内に蓄積するのを防ぐデトックス効果があります。また、むくみやセルライトの解消にも効果的です。

ローズマリー

14世紀にハンガリー王妃がローズマリーの入った「ハンガリー水」を愛用しており、その効果でとても若返ったそうです。ローズマリーには、老化した肌を引き締める効果、抗酸化作用があります。ローズマリーの抗酸化作用は血液の流れを促進する働きがあり、デトックスに効果的です。また、頭をすっきりさせ、なおかつ心を元気にしてくれる作用をあります。その他、肩こり解消、集中力を高める、頭痛や二日酔、髪のトラブルにも効果的です。ローズマリーは刺激性のある精油ですので、妊婦や高血圧の人は使用しないようにしてください。又、使いすぎにも注意してください。